-

クレジットを店舗で決済する場合に、体験があるのではないかと思うのだが、レジのスタッフが不慣れなためにどちらのレシートをカード利用者の方に渡すのかわかっていないことがあるはずです。といいますのも、カードを使うと、機械複数の利用明細というものが発行されるからでしてこのうちのどれを利用者のもとへ渡してよいものかどうか迷うというケースがあるのです。3枚1組の明細の説明:それではこの数枚の明細の内容とはいかなるものかを要約すると下のようになります。1カード利用者に保管してもらう利用明細。2店舗で保管するレシート。3クレジットカード会社保管用利用レシート(記名する明細)。本来であればあたりまえのように利用者に渡す紙の方をもらうのですが、稀に、違う使用明細の方をお客さんの方に間違えて渡してしまうというというケースであったり記名した方の利用明細自体を渡すという痛恨のミスも存在するのです。このようなケースはバイトスタッフの場合や、普段カードというものが利用されない店の会計において提示すると、このような従業員の心の乱れを見れるだろう。今後レジ担当者が誤った明細を渡そうとした暁には、「違いますよ」と教育して上げて欲しい。