-

簡単に説明をすれば任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは違い、自賠責保険の範囲では補うことが難しい補償を受ける大事な保険です。この任意保険のポイントは自賠責保険の上乗せ保険という意味合いで働きますので、自動車損害賠償責任保険の支払いの限界を上回った場合に機能します。それに自賠責保険だけでは物に対する損害については補償が受けられないので対物損害をまかなう際には加入しておくことが望ましいです。現時点で任意保険を支払っている車を乗り換える時は、国産自動車あるいはドイツ車というようなことは関係なく、残っている分が返金されます。これは日本の自動車を査定に出す場合についても同じことが言えます。自賠責保険の場合基本的にはかけたままにしておくのが通例になっていますが任意保険というのは全員が加入するものではありませんので解約になります。それで、キャンセル後はすでに 納めている返戻金が返還されることになります。自動車買取が成立した場合でも即任意保険の契約を中途解約することはリスクがあります。当然、すぐさま契約解除するとその分戻ってくる金額は上がりますが、中古車店舗が離れた場所にあって自分で運転していくということになったケースでは任意保険なしで車の運転をしなければなりません。緊急事態に備えて、絶対にもう自ら運転をしない状況になる時まで任意保険の契約の中途解約をすることがないようにしましょう。車を売却してすぐ違う車両を購入する場合ならば構わないですが長い間乗らないような状態が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこの任意保険に加入していない期間が存在すると以前続いていた任意保険の等級が下がるため任意保険の保険料が上がることがあります。このケースでは「中断証明書」というものを発行してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」があることで10年まで遡って無保険になる前の任意保険の等級を引き継いで加入することができます。また13ヶ月以内ならば発行してもらうことができますから、もし既に愛車を売却済みで、「中断証明書」を提示されてもらっていない状況でしたら、代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。もしもあなたが新しくクルマを購入することになって、前に持っていた車を引き取り依頼する場合は、任意保険は片方のみの契約になります。保険の変更という対応になるので運転する予定のある車の場合、売却の際まで注意しなければなりません。そして、任意保険という保険は車両によって額が大きく変わるのでクルマ買取の時は任意保険の保険料を見直してみる良い機会と考えられます。